中性脂肪とは?

中性脂肪についてしらべてみました

中性脂肪という言葉をよく見聞きしますし、日常の会話の中でも使っていたりするのですが、
じゃ、中性脂肪って何?って聞かれた時に答えることができません。

実は多くの人がそうではないかって勝手に思ってはいるんです。

そこで、聞かれた時に答えれるようにいろいろと調べてみました。

なにせこれからもずっと付き合っっていくものですから、知識として知っておくことは大切だと思うんです。
知っていて得をするとかはないとは思うんですけどね(笑)

 

➡ そもそも中性脂肪とは?

それでは中性脂肪って一体どういうものの?っていう疑問が最初に浮かぶと思います。

中性脂肪はエネルギー源であるブドウ糖が不足した場合、それを補うためのエネルギー源です。
体内に取り込んだエネルギーが余った場合肝臓で中性脂肪が合成され、皮下脂肪として蓄えられます

このように中性脂肪は人間の身体になくてはならないもですが、肝臓で増え過ぎれば脂肪肝に皮下組織で増え続ければ肥満につながります。

難しいようですが、要するに食べた(摂取した)カロリー以上に運動など、とにかく身体を動かしてカロリーを消費すれば太ることはないってことなんですよね。

確かに、若いころはたくさん食べていましたが、その分運動とかして身体を動かしていました。

それがいつの間にか動くことも少なくなり、気が付けば今の体型になっていた・・そんな人は多いのではないでしょうか?

書くいう私もそうですし、旦那に聞いてもそうだって言っていました。

でも食べる量って中々減らすことってできないんですよね、量は減らせてもカロリーだけはしっかりとあったり・・難しいものです。

中性脂肪を調べたい

私自身はそこまで気にしてはいません。

いいサプリに出会えたということもありますが・・

それでも年に1回の健康診断だけでは心配!!

せめて半年に1回くらいは数値を知りたいっていう人のために中性脂肪を計ることができる検査キットがあります。

私もよく利用しているお手軽通販の楽天市場で販売されていました。

 

これは【メタボリックシンドローム+生活習慣病検診】が同時にできるもので、せっかくですからこれくらい詳しく検査するのもありかと思っています。

ですが、この手の検査キットって血液が必要になるので、血を出すのはチョット嫌、不安って思う人には不向きです。

そんな人たちには毎日計ることができる体組織計をおすすめします。

これなら体重から体脂肪率・筋肉量・内臓脂肪といったものを計測することができるので毎日のバロメーターとして役立てることができるのではないかと思っています。

ちなみ我が家にもありますが、どちらkといえば単なる体重計としての役割が大きいです(笑)

価格も2000円程度~で家電量販店でもドラッグストアでも簡単に手に入れることができますので、快適な生活をおくるためにも健康チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

戻る